奥州・金ケ崎

買いに「ござえんちゃ」 水沢商高生販売実習 仕入れ、会計も体験【奥州】

メイプル2階に水沢商高生による「ござえんちゃハウス2017」がオープン。生徒が店頭に立ち来店者に商品をアピールしている

 県立水沢商業高校の生徒によるチャレンジショップ「ござえんちゃハウス2017」が29日、奥州市水沢区横町のメイプル東館2階にオープンした。商業科2年生が商品の仕入れから販売、会計処理までを体験。会場には初日から多くの市民が訪れ、店舗に立った生徒たちは「いらっしゃいませ」と元気に呼び込みの声を響かせた。10月3日まで。

 商業活動を実践的に学ぶ機会にと、「広告と販売促進」の授業の一環で毎年実施。19年目の今年は「虹~キタ!笑う門には福キタる!~」をテーマに、生徒が六つの模擬会社を立ち上げた。商品は地元や東北地方などから加工食品や野菜、菓子などを取り寄せた。

 店頭に立った生徒たちは「どうぞ見ていってください」「地元産です。いかがですか」と威勢よく自慢の商品をPR。来店者も産地や特徴を聞くなどして買い物を楽しんでいた。

 同市の“穴場商品”を提供する「奥州魅力伝え隊」の渡辺千碩君(17)は「四苦八苦しながらもみんなで協力して準備を進めてきた。先輩が築いてきたチャレンジショップの伝統をさらに発展させたい」と話していた。

 30日と来月1日には水沢、東水沢両中学校の生徒が販売実習を行うほか、期間中は前沢明峰支援学校や盛岡商業、宮古商業、釜石商工の各高校も出店する。

 営業時間は午前10時~午後5時30分。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年12月11日付
奥州・金ケ崎
2018年12月11日付
奥州・金ケ崎
2018年12月11日付
奥州・金ケ崎
2018年12月11日付
奥州・金ケ崎
2018年12月11日付