一関・平泉

期日前2万人超え 過去最高、投票率19・89%【一関】

一関市議選で商業施設に初めて開設した期日前投票所を利用する有権者=30日、イオンスーパーセンター一関店

 一関市選挙管理委員会(伊藤丈夫委員長)は30日、市議選の期日前投票結果を公表した。投票者数は2万390人で、選挙人名簿登録者数(9月23日現在)に対する投票率は市議選過去最高の19・89%(前回比8・06ポイント上昇)となった。市内の商業施設や集会施設などに初めて開設した期日前投票所の利用者は、期日前投票者数の43・14%に当たる8797人に上った。

 市選管は、投票環境改善実施計画に基づいて当日投票所を集約化した一方、期日前投票所を従前の8カ所から17カ所に倍増させた。今市議選では、9月25日からの市役所本庁・各支所に加え、27日から同市狐禅寺のイオンスーパーセンター一関店と同市千厩町の千厩ショッピングモールエスピア、28日からJR摺沢駅との複合施設となっている大東コミュニティセンターに開設。さらに市民センター分館や集会施設などにも開設日限定の特例期日前投票所が設けられた。

 市役所関係8カ所に開設した前回(2013年)の期日前投票者数は1万2356人だったが、17カ所に増設した今回は8034人増加し、初めて2万人を超えた。

 近年の選挙では、16年参院選(開設17日間)が1万6946人、15年県議選(同8日間)が1万3386人、14年衆院選(同11日間)が1万4275人となっており、これら実績をも大きく上回る結果となった。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年12月16日付
一関・平泉
2018年12月16日付
一関・平泉
2018年12月16日付
一関・平泉
2018年12月16日付
一関・平泉
2018年12月16日付