花巻

花巻温泉バラ園 新品種名は「ミラクルローズ90」 甘い香り特徴

「ミラクルローズ90」と名付けられた90周年記念のオリジナル品種

花巻市湯本の花巻温泉(安藤昭代表取締役社長)のバラ園で開発された新品種の名称が「ミラクルローズ90」に決まった。創業90周年に合わせて開発したオリジナル品種。赤みのある淡い黄色の花びらが中心に向かうほど濃くなり、徐々にピンク色に変わる清楚(せいそ)な姿で、香りが強いのが特徴。同園は「多くの花好きに愛されてほしい」と新たな品種誕生を喜んでいる。

● ●

 オリジナルとして2015年に発表された「ハッピーローズ88」に続き8品種目。90周年に向け、高橋宏園長が10年に開発に取り掛かった。花びらが多いガーデン・オブローゼズとアブラハム・ダービーの2品種を交配し、12年に初めて開花。その後、接ぎ木などして生育を促し発表にこぎつけた。

 ミラクルローズ90は直径が12センチほどと大柄で花びらの数は80~85枚。咲き始めは赤みのある淡い黄色の花びらで中心になるほど濃いオレンジ色になるが、時間の経過とともにピンク色に変化していく。甘くフルーティーな香りが特徴。

 6月に開催した春のバラまつり期間中に来園者から応募された570通の名称を社内審査で絞り、決定した。

 高橋園長による品種開発は5品種目。「花びらが多く、ボタンに似た姿を好む人が多い。これまでの4品種は香りが弱かったから、強い香りも思い描きながら開発を進めた」といい、「思い通りの花を咲かせることができた。上出来で満足している」と自信を示した。

 園内には4株が植えられているが、気温が上がらない日が続いたこともあって2輪が咲き始めた程度。つぼみが多く、10月中旬には見頃を迎えそう。18年6月には販売も始める予定で、今後準備を進めるという。高橋園長は「新しく仲間入りした品種。色合いや香りなど多くの人に楽しんでもらいたい」と話している。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年4月10日付
花巻
2020年4月10日付
花巻
2020年4月10日付
花巻
2020年4月10日付
花巻
2020年4月9日付