奥州・金ケ崎

金ケ崎町長選 新人髙橋氏が正式表明

会見で金ケ崎町長選出馬を正式に表明した髙橋寛寿氏

 元金ケ崎町参事で農業髙橋寛寿氏(62)=同町永栄中細越=は24日に会見を開き、町長選(2018年2月27日告示、3月4日投開票)への出馬を正式に表明した。髙橋氏は「町が今持っている力を失ってしまうのではないかという大きな危機感を持っている。町政を転換したい」と決意を示した。

 髙橋氏は「提案しては取りやめる(園児バスや下水道の料金)」など不安定な町政の改革、町主催のイベント・行事の効果・必要性を検証し見直すこと、子育て環境の整備といった6項目の取り組みを行う考えを示し、「現状を見直すことから町の未来を考えていきたい」と語った。

 無所属で出馬予定。後援会(宮舘壽喜会長)では髙橋氏の同級生の支援を中心に町内全域へ支持拡大を図っていく。

 髙橋氏は山形大工学部卒。1978年町職員となり、参事兼総合政策課長、奥州金ケ崎行政事務組合事務局長などを務め、2016年3月退職。同年4月から今年10月末まで社会福祉法人共伸会就労継続支援(B型)事業所共伸園副園長を務めた。

 町長選には髙橋氏のほか、4選を目指す現職髙橋由一氏(71)=同町永栄下谷起=、前副町長でNPO法人理事長の新人千葉政幸氏(68)=同町西根南町=がともに無所属での立候補を表明している。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年9月20日付
奥州・金ケ崎
2018年9月20日付
奥州・金ケ崎
2018年9月20日付
奥州・金ケ崎
2018年9月20日付
奥州・金ケ崎
2018年9月20日付