一関・平泉

初V 同級生も祝福 学院高岩渕さん スノボW杯後、初登校

W杯初優勝後、初登校し、クラスメートと談笑する一関学院の岩渕麗楽さん(中央)

 今月10日に米国で行われたスノーボードのワールドカップ(W杯)・ビッグエアで初優勝した一関市東山町の岩渕麗楽さん(一関学院高1年、キララクエストク)が22日、遠征後初めて同校に登校した。同級生から祝福を受けた岩渕さんは、初優勝の心強い支えとなったクラスメートらの応援に感謝した。

 岩渕さんは11月15日から1カ月余り遠征しており、久しぶりに登校した同日は同校の冬休み前の授業納め式が行われた。式後のホームルーム中に登校した岩渕さんは、クラスメートにW杯初優勝を報告し、「いろんなメッセージをもらえてうれしかった。応援してもらえているんだなと思って心強く思いました」と感謝した。

 ホームルームの後、久しぶりに会う友達からは「ラインニュースで見てびっくりしたよ」などと祝福を受けたり、好きだという映画の話をしたりして再会した喜びを表していた。

 岩渕さんはW杯初優勝について「頑張って獲得した結果でうれしい。今年の良い締めくくりになったと思う」と振り返り、「平昌五輪が一番の目標。もう少しで手が届くところにきていると思う。出場するなら金メダルを目指したい」と抱負を語った。

▼動画

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年12月9日付
一関・平泉
2018年12月9日付
一関・平泉
2018年12月9日付
一関・平泉
2018年12月9日付
一関・平泉
2018年12月9日付