花巻

木彫り、コブラ革製も スポーツ八森 珍グラブなど展示【花巻】

スポーツ八森で展示している坪田さんのコレクション。左は八森代表取締役

 日米プロ野球選手が使用するグラブを製作した職人のコレクションが、花巻市のスポーツ用品店で展示されている。木彫りのグラブなど野球に関する珍品が並び、来店客の関心を誘っている。8日まで。

 同市末広町のスポーツ八森がグラブの各メーカー最上級モデルなどを集めて販売する「創業73周年・野球祭り」に合わせて2日から実施している。

 展示品は木彫りのグラブと、台湾コブラの革と胎内から取り出した子牛の革でそれぞれ作ったグラブ、スポーツ用品メーカー・ミズノの元グラブ製作指導者、坪田信義さん(84)=大阪市在住=が米大リーグ最多安打記録保持者のピート・ローズさんからもらった記念Tシャツの計4点。同店の八森辰雄代表取締役(65)が坪田さんからコレクションの一部を借り受けた。

 坪田さんは75歳までの約60年間、イチロー選手や松井秀喜元選手ら大リーガーをはじめ、国内外の多くの選手のグラブを担当。現役中は「現代の名工」に認定された。八森代表取締役は坪田さんと30年以上の交流があり、20年前には大リーグのキャンプ地があるフロリダを一緒に訪れ、グラブの修理などを行った。グラブの製作、修理技術の指南を受け、グラブ選びからメンテナンスまでを経営に生かしている。

 八森代表取締役は「野球用品フェアに合わせて珍しいグラブを展示した。お客さんに良い物を正しく使って、楽しくプレーしてほしいとの思いを込めた。職人の技を見てほしい」と話している。

 営業時間は午前9時から午後8時まで。問い合わせはスポーツ八森=0198(24)8110=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年11月15日付
花巻
2018年11月15日付
花巻
2018年11月15日付
花巻
2018年11月15日付
花巻
2018年11月15日付