奥州・金ケ崎

正しい姿勢でより速く 水沢出身 那須川さんランニング教室【奥州】

きらめきマラソン大会アンバサダーの那須川さん(奥左)が正しい走り方を指導したランニング教室

 きらめきマラソン大会アンバサダー那須川瑞穂さんによるランニング教室は6日、奥州市水沢区の水沢体育館で開かれた。5月20日に市内で開催される2018いわて奥州きらめきマラソンのプレイベントで、09年東京マラソン優勝の那須川さん(水沢区出身)が児童に正しい走り方などを熱心に指導した。

 同教室は2回目を迎える同マラソンに向け、さらなる知名度の向上と市民意識の高揚を図り、市内小学生の運動能力の向上につなげるのが狙い。同マラソン実行委と市が「未来のトップアスリート育成事業」の一環として開催した。

 教室には、小学3~6年の児童39人が参加。体をほぐした後、那須川さんが正しい走り方、早く走るこつを伝授した。

 那須川さんは「利き足を後ろに引き、体が『人』の字のようにする」とスタート時の正しい姿勢を示しながら「腰の位置を高くし、目線は前」と分かりやすく教えた。児童は正しい姿勢でスタートダッシュを試みるなどしながらトップアスリートの指導を確認していた。

 久慈颯太郎君(水沢小学校6年)は「きちんとした走り方を学びたくて参加した。スタートには体重を前にかけると早く走れることが分かった。きらめきマラソンに挑戦してみたい」と集中して取り組んでいた。

 同マラソンでは、マラソン(49・195キロ)に3000人、10キロと2キロにそれぞれ1000人のランナーを2月20日まで募集している。

 問い合わせは、市役所江刺総合支所内の実行委事務局=0197(35)2111=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年8月14日付
奥州・金ケ崎
2018年8月14日付
奥州・金ケ崎
2018年8月14日付
奥州・金ケ崎
2018年8月14日付
奥州・金ケ崎
2018年8月14日付