奥州・金ケ崎

公演成功願い高々と 奥州胆沢劇場 関係者集い旗揚げ

第34回奥州胆沢劇場「角塚の疾風」の公演成功を願い、真新しい旗を揚げる関係者
一般の部最優秀賞に選ばれた佐々木さんのデザインを採用したポスター

 2月に本番を迎える第34回奥州胆沢劇場「角塚の疾風(かぜ)」(実行委主催)の旗揚げが9日夜、公演会場となる奥州市胆沢区南都田の胆沢文化創造センターで行われた。キャストやスタッフら関係者約60人が参加。代表者が公演の成功を願って真新しい旗を高々と掲げた。

 あいさつした実行委の藤田春芳会長は「当時の人たちの熱き思いから始まった胆沢劇場。時代は移り変わったが『参加して良かった』と思えるような演劇を継続させたい」と意気込んだ。

 施設設備の寄付者に感謝状を贈り、公募したポスターデザインと原作の入賞者を表彰。原作者の及川寿和さん(同市水沢区真城)は「角塚古墳は胆沢では見慣れた風景で、何百年も私たちを見続けている。子供たちにも古里の風景を目に焼き付けてやりたい」と語った。

 演出の遠藤達郎さん、舞台監督の小原喜幸さん、音楽監督の佐藤久喜さんの3人が、緑地に赤く「角塚の疾風」と書かれた旗を掲揚し、関係者が本番に向けた士気を高めた。乾杯後は、各パート紹介や決意表明が行われた。

 同劇場は同センター大ホールで来月24、25の両日に2回公演される。問い合わせは同センター=0197(46)2133=へ。

 ポスターの入賞者は次の通り。(敬称略)

 ◇一般の部▽最優秀賞(ポスター・チラシに採用)=佐々木與市(胆沢区若柳)▽優秀賞(看板に採用)=千田奈保子(同区南都田)▽優秀賞=千葉美千代(同)▽佳作=星紀雄(水沢区福吉町)千田テル(胆沢区南都田)山田実(同)

 ◇中学生・高校生の部▽優秀賞=山田実幸(胆沢区南都田)

 ◇小学生以下の部▽最優秀賞(パンフレットに採用)=山田明典(胆沢区南都田)▽優秀賞=高橋優(同区小山)▽佳作=高橋涼蓮(同)高橋蓮飛(同)

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年9月20日付
奥州・金ケ崎
2018年9月20日付
奥州・金ケ崎
2018年9月20日付
奥州・金ケ崎
2018年9月20日付
奥州・金ケ崎
2018年9月20日付