花巻

工作楽しみ防犯学習も 親子教室【花巻】

紙粘土で犬の置き物を作る参加者

 花巻市防犯協会花巻総支部湯口支部(多田恒泰支部長)の「防犯のための親子教室」は8日、同市円万寺の湯口振興センターで開かれた。工作と防犯学習を組み合わせた冬休みの恒例イベントで、住民が交流しながら安全な地域づくりについて考えた。

 湯口小学校の児童や保護者、同支部の防犯隊員ら約30人が参加。工作は干支(えと)の置物で、親子らが紙粘土で作ったパーツを犬の形に組み合わせて仕上げた。

 防犯学習ではクイズ形式のアニメビデオが上映され、知らない人の車に近づいたり、メールで知り合った人の誘いに乗って会ったりしないことなどを学んだ。

 同支部は2017年度まで3年がかりで地区内の全世帯に鍵掛けステッカーを配布するなど、地域安全に力を入れている。

 多田支部長は「防犯の活動を身近に感じてもらうことが重要。不審者や交通事故から子供たちを守るために取り組んでいきたい」と話していた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年7月21日付
花巻
2018年7月21日付
花巻
2018年7月21日付
花巻
2018年7月21日付
花巻
2018年7月21日付