県内外

開運や志望校合格願い JR盛岡駅 おみくじ、絵馬コーナー【岩手】

列をつくって千葉駅長から鉛筆を受け取る人たち

 JR盛岡駅(千葉利博駅長)は11日、新春応援企画として駅構内の「わんこロード」に、開運おみくじや願い事を自由に書き込むことができる絵馬を配置した。初日は合格祈願や大願成就の願いを込めた鉛筆もプレゼントされ、訪れた人たちは絵馬やおみくじを手に取って今年1年の幸運を願った。

 この企画は2012年に始まり、今回5回目。

 年の始まりの縁起をかついで「1」が九つ並ぶ1月11日の午前11時11分11秒から、千葉駅長が合格を語呂合わせした五角形の鉛筆を50セットプレゼントした。このほか会場には、開運や成就、幸福などを願った8種のおみじくを引くことのできる箱や、自由に願いを書くことのできる絵馬が設置され、訪れた人たちは思い思いに願いを託した。

 また、「開運5050(ゴーゴー)レール」と名付けて東北線で使っていた長さ1メートル、重さ50キロの2本のレールを開運橋を望む位置に設置し、東北や岩手の発展や利用客の未来の幸福を願っている。

 絵馬を手にした盛岡市の大学4年生高木麗さん(21)は「受験する弟が志望大学に合格し、やりたいことをやる4年間にしてほしい」、同市の小学2年生佐藤穂佳さん(8)は「算数のテストで100点取れますように」と祈った。同駅の中村利彦サービス助役は「皆さんが新しいステージで活躍するなど希望をかなえてほしい」と運気向上を期待した。

 おみくじと絵馬のコーナーは31日まで、5050レールは3月21日まで設置する。鉛筆は駅長配布以外に450セット準備し、駅南改札で希望する利用客に配布している。

momottoメモ

[関連記事] あすからセンター試験

◆会場準備進む

◆58万人志願

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年12月14日付
県内外
2018年12月14日付
県内外
2018年12月14日付
県内外
2018年12月14日付
県内外
2018年12月14日付