県内外

小中学生12人を表彰 社明運動 作文コンテスト【岩手】

社会を明るくする運動の作文コンテスト入賞者

 第67回社会を明るくする運動の作文コンテスト表彰式は12日、盛岡市内で開かれ、全国入賞を含む児童生徒12人を表彰した。県南では中学校の部で、全国入賞に次ぐ県推進委員会委員長賞に一関市立磐井中1年の鎌田優芽さんの「私が考える心のバリアフリー」が選ばれた。

 コンテストは、小中学生に同運動への理解を深めてもらおうと毎年実施。県内からは66の小中学校から442点の応募があった。

 人のために分け隔てなく接する祖母や先輩を見て、「心のバリアフリー」で誰もが支え合う社会の実現を主張した鎌田さんは「賞をもらえると思っていなかったので驚いた。今後は偏見がなくなるよう自分にできることをやっていきたい」と話していた。

 鎌田さん以外の県南の入賞者は次の通り。(敬称略)

 ◇中学校の部▽県教育委員会教育長賞=亀岡莉名(一関市立花泉中1年)

 ▽県保護司会連合会長賞=久米紗奈(奥州市立江刺南中2年)

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年9月22日付
県内外
2018年9月22日付
県内外
2018年9月22日付
県内外
2018年9月22日付
県内外
2018年9月22日付