奥州・金ケ崎

甘い実口いっぱい 来夢くんイチゴ園 きょうオープン【奥州】

開園を前にイチゴ狩りを楽しむ東水沢保育園児

 奥州市水沢区真城のJA岩手ふるさと産直来夢くんのイチゴ農園は14日に今年の営業を始める。13日には、東水沢保育園児がオープンに先立ってイチゴ狩りを楽しんだ。

 同日はオープニングイベントとして5歳児19人が招待され、イチゴの収穫や食べ方を教わった後、大きく真っ赤なイチゴがたくさん育っているハウス内でイチゴを摘み取り、口いっぱいに頬張った。

 瀬川一花ちゃん(6)は「ちょっと酸っぱいけど、甘くておいしい。こんなに大きなイチゴは食べたことがない」と目を輝かせていた。

 イチゴ農園は約700平方メートルの広さがあり、「紅ほっぺ」と「さちのか」「あきひめ」の3品種を合わせて約1万株を栽培している。千田亮副店長は「昨年も多くの人たちに利用していただいた。従業員一同で栽培を管理し、今年も多くのお客さまを迎えたい」と話している。

 イチゴ狩りは完全予約制で、40分食べ放題(練乳付き)。入園料は、大人(中学生以上)1500円、小学生1200円、幼児(3歳以上)800円。営業日は、水・土・日曜日、祝日(定休日を除く)。営業時間は午前10時から午後2時(最終入園)まで。開園期間は6月上旬までの予定。

 問い合わせは、産直来夢くん=0197(26)4141=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年12月19日付
奥州・金ケ崎
2018年12月19日付
奥州・金ケ崎
2018年12月19日付
奥州・金ケ崎
2018年12月19日付
奥州・金ケ崎
2018年12月19日付