奥州・金ケ崎

イメージキャラ継続 JA岩手ふるさと 「世界の大谷」を応援【奥州】

地元の野球少年らが寄せ書きした応援フラッグを手にする大谷選手(中央)。米大リーグ移籍後もJA岩手ふるさとのイメージキャラクターを務める。左は後藤会長=同JA提供

 奥州市出身でプロ野球日本ハムから米大リーグ・エンゼルスに移籍した大谷翔平選手(23)=花巻東高出=は、JA岩手ふるさと(後藤元夫経営管理委員会長)のイメージキャラクターを2018年も継続する。同JAは「世界」での活躍を誓う大谷選手を応援しながら農畜産物のPRに役立てる。

 同JAは、16年3月から大谷選手をイメージキャラクターに起用し、本人と日本ハム球団との3者で契約。「僕のふるさと 岩手ふるさと」のキャッチフレーズで、ユニホーム姿のポスターやテレビCMなどを作り、17年も契約更新していた。

 キャンペーン時は地元に限らず全国各地から応募があるなどPR効果は絶大で、同JAの知名度アップに大きく貢献した。同年末での契約終了を惜しむ声も多く、継続の可能性を模索。エンゼルスとは切り離した形で、大谷選手個人と同JAとの2者契約が実現した。契約期間は12月末までの1年間。

 同JAの後藤会長と千葉喜美生理事長が12日、東京都で大谷選手を訪ね、昨年12月に市内で開いた大谷選手の応援イベントで地元の野球少年らが「メジャーでも二刀流で頑張って」などと寄せ書きした特製フラッグを手渡した。

 大谷選手は「JA・組合員さんと一緒に世界を取れるよう頑張る」とメッセージ。後藤会長は「相乗効果で世界に羽ばたけるよう頑張りたい」とコメントした。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年12月19日付
奥州・金ケ崎
2018年12月19日付
奥州・金ケ崎
2018年12月19日付
奥州・金ケ崎
2018年12月19日付
奥州・金ケ崎
2018年12月19日付