県内外

小林陵が前半11位 フライング世界選手権

 【オーベルストドルフ(ドイツ)時事】ノルディックスキーのフライング世界選手権は19日、ドイツのオーベルストドルフで個人戦(HS235メートル、K点200メートル)の前半2回が行われ、平昌五輪代表の小林陵侑(盛岡中央高-土屋ホーム)が207・5メートルと205・5メートルを飛び、386・4点の11位で折り返した。45歳の葛西紀明(土屋ホーム)は1回目に218・5メートルを飛んで6位につけたが、2回目は123・5メートルにとどまり27位に後退した。小林潤志郎(盛岡中央高-東海大-雪印メグミルク)は28位。

 ダニエルアンドレ・タンデ(ノルウェー)が212メートル、227メートルを飛び、449・6点でトップに立った。20日に後半の2回が行われる。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年7月18日付
県内外
2018年7月18日付
県内外
2018年7月18日付
県内外
2018年7月18日付
県内外
2018年7月18日付