県内外

【私たち発信源 地域おこし協力隊】連載・全13回

◆「都市と地元の交流」推進 北上市 佐藤啓さん(41)

◆6次産業化の広報活動支援 一関市 渡辺寿恵さん(58)

◆音楽業界から農業へ転身 北上市 長岡務さん(38)

◆映像で「石鳥谷」盛り上げ 花巻市 佐藤敦さん(45)

◆移住・定住者獲得に情熱 一関市 髙木秀一さん(27)

◆イベントでにぎわい創出 北上市 市川明伯さん(49)

◆ワインの里で“元気”育てる 花巻市 鈴木寛太さん(26)

◆ひたむきさ 周囲に刺激 一関市 中芝浩美さん(25)

◆西和賀高のPRに奮闘中 早川大輝さん(23) 西村海星さん(20)

◆農業女子、若手の支援に腐心 花巻市 山田恵里さん(25)

◆子供向けに郷土の歴史伝承 金ケ崎町 岩隈大樹さん(30)

◆デザイン通し地元を応援 一関市 佐藤佑樹さん(34)

◆地元の魅力磨いて商品化 北上市 髙橋裕子さん(38)

古里を輝かせたい

◆交流の場確保へ準備  北上市 中村吉秋さん(44)、邦子さん(43)夫妻

◆遊休建物再建に情熱 花巻市 福田一馬さん(33)

◆小経験生かし、自由に 奥州市 小坂朋子さん(36)

◆「面白い」が原動力 一関市 櫻井陽さん(25)

momottoメモ

 都市部から地方へ一定期間移住し、さまざまな活動を通じ地域活性化に取り組む「地域おこし協力隊」。独自のアイデアで行動力を発揮し、人口減少が進む地域の活性化に欠かせない存在となっている。

 参加する隊員は全国的に年々増加し、本県南部の各自治体でも若者、青年層を中心にIターン組、Uターン組、学生など多士済々の人材を受け入れている。分野は農林業活性化をはじめ観光振興、イベント企画、デザイン制作など多種多様。隊員は活動を通じて地域に溶け込み、新たな風を吹かせ、地域の魅力「発信源」としての役割を果たしている。

 県南地方では2016年に隊員の交流会を結成した。17年は隊員個々で情報交換し、所属する自治体のエリアにとどまらず連携し活動の幅を広げている。18年も各隊員の多彩な活動から目が離せない。

 活動期間は最長3年。期間内に一定の成果が求められ、各自治体では期間満了後の定住や起業などにも期待を寄せる。県南地方で活躍している隊員、役割を終えて地域に根付いた元隊員の生きざまを見た。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年7月23日付
県内外
2018年7月23日付
県内外
2018年7月23日付
県内外
2018年7月23日付
県内外
2018年7月23日付