一関・平泉

一関地方に大雪 祭畤89センチ

大雪に見舞われた一関地方。雪かき作業に追われる人たち=23日、一関市関が丘

 発達した低気圧の影響で22日夜から大雪となった一関地方では、23日も広範囲で積雪が残り、一関市街地では朝方から雪かきをする市民の姿が多く見られた。

 盛岡地方気象台によると、積雪量は一関で最大12センチ、祭畤で同89センチを観測。最低気温は一関で氷点下4・7度、千厩で同同5・3度と厳しい寒さとなった。

 市民は朝から、自宅前などに積もった雪を払う作業に追われた。市道では、残った雪にタイヤを取られて空回りする乗用車も見られた。

 同気象台によると、24日は冬型の気圧配置が強まるため、内陸は曇りで時々雪が降る見込み。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年6月24日付
一関・平泉
2018年6月24日付
一関・平泉
2018年6月24日付
一関・平泉
2018年6月24日付
一関・平泉
2018年6月24日付