奥州・金ケ崎

優しさ乗せ出発 水沢 通園、通学緊急時も 県南初の子育てタクシー【奥州】

ときわ保育園児に見送られて出発する子育てタクシーの認定ドライバー

 奥州市水沢区の水沢タクシー(高橋十一社長)は23日、子育て世代を応援する「子育てタクシー」の運行を始めた。全国子育てタクシー協会(事務局・横浜市)の認定ドライバーが乗務し、子供連れの外出や子供だけの送迎などに丁寧に対応する。

 子育てタクシーは、地域の子育て応援団として同協会主催の養成講座(保育実習含む)を修了したドライバーが乗務する。同社は高橋社長を含む5人が認定を受けた。県内での運行は盛岡市内に次いで2番目、県南地方では初めて。

 運行開始に当たり、保育実習に協力した同区東大通りのときわ保育園で出発式が行われ、5歳児17人がマーチングバンド演奏を披露してセレモニーに花を添えた。

 来賓出席した市子育て総合支援センターの菅原敬子所長は「優しいまちづくりへの協力は、生活しやすいまちづくりに直結する」と歓迎。同園駐車場で風船やポンポンを手にした園児に見送られ、5台が出発した。

 同社は、誰もが利用しやすいユニバーサルデザイン(UD)サービスの充実に力を入れており、子育てタクシーの運行も先月の「JPN(ジャパン)タクシー」車両導入に続く取り組みの一環。

 荷物の多い子供連れの外出支援や夜間の発熱など急なトラブルへの対応のほか、事前の利用登録により通園・通学・通塾など子供の送迎、陣痛が始まった妊婦の産院直行にも対応する。

 高橋社長(62)は「親子での買い物や子供だけの乗車、赤ちゃん連れのお母さんなど、どんなお客さんでも安心して乗れるようにしたい」と話し、30人近くいる乗務員全員の認定取得を目指す。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年12月14日付
奥州・金ケ崎
2018年12月14日付
奥州・金ケ崎
2018年12月14日付
奥州・金ケ崎
2018年12月14日付
奥州・金ケ崎
2018年12月14日付