県内外

公式マスコットは「レンジー」 獅子をイメージ 19年ラグビーW杯

2019年ラグビーW杯日本大会の公式マスコット、「レン」(左)と「ジー」=26日午前、東京都港区の明治記念館

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は26日、大会公式マスコット「レンジー」を発表した。歌舞伎舞踊の連獅子など獅子をイメージした親子2体のキャラクターで、白い髪が親のレン、赤い髪が子供のジー。ともに顔がラグビーボールの形となっている。ラグビーW杯で公式マスコットが採用されるのは1999年大会以来。

 実績のある複数の制作チームを指名してデザインを募集し、国際統括団体ワールドラグビーと組織委の理事会などで決定した。組織委の嶋津昭事務総長は記者会見で「アジアで初のW杯。獅子はわが国だけではなく、中国などアジアの国々のイメージがある。大会のコンセプトによく合っている」と話した。

【時事】

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年6月25日付
県内外
2018年6月25日付
県内外
2018年6月25日付
県内外
2018年6月25日付
県内外
2018年6月25日付