一関・平泉

地区内除雪 愛馬と出動 狐禅寺・小岩さん 感謝込めて【一関】

狐禅寺地区の除雪作業に精を出す小岩さんと愛馬のタカラホワイト

 一関市狐禅寺の造園業小岩明美さん(76)は、愛馬のタカラホワイト(雄4歳)と共に今冬も地区内の除雪を行い、登下校する児童の安全を確保している。

 仕事でお世話になった人への感謝を込め、中里地区に住んでいた50年ほど前から除雪活動を始めた。狐禅寺地区に移り住んだ後も約30年間継続しており、今季は22日から行っている。

 除雪に使うタイヤなどの総重量は150キロほどにもなるが、タカラホワイトは力強い足取りで引き、片道約700メートルの歩道の雪をかき分ける。

 登下校時の児童の見守り活動も兼ねており、地区住民からは「ありがとう」、子供たちからは「かわいい」「乗ってみたい」などと声を掛けられることもあるという。

 小岩さんは「地区の人に声を掛けられると励みになる。寒くて大変だと思うこともあるが、これからも感謝の気持ちを持って活動を続けたい」と話していた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年7月21日付
一関・平泉
2018年7月21日付
一関・平泉
2018年7月21日付
一関・平泉
2018年7月21日付
一関・平泉
2018年7月21日付