北上・西和賀

福は内、魅力を“外へ”岩崎地区 4日「福豆鬼節分会」【北上】

福豆鬼節分会の成功に向け結束する実行委メンバー

 北上市和賀町の岩崎地区自治振興協議会と市教委が主催する「福豆鬼節分会」(岩手日日新聞社など後援)は、4日に同市和賀町岩崎の市立鬼の館屋外特設ステージで開かれる。国指定重要無形民俗文化財の岩崎鬼剣舞をはじめ伝統芸能が披露されるほか、福豆まきや福餅まきなどが行われる。運営する実行委員会では、イベントを成功させるべく準備を進めている。

 当日は、南部俵積み踊りや庭田植え儀礼が行われ、いわさき認定こども園、ややさか幼稚園、岩崎鬼剣舞スポーツ少年団は鬼剣舞を披露。煤孫ひなこ剣舞、岩崎下契約会田植え踊り保存会によるステージ、同館主催の「鬼っこわんぱく講座」受講児童らによる鬼剣舞の成果発表も予定されている。

 ほかに福豆まき、「邪気を追い払え!雷鳴放射コンテスト」と銘打った大声コンテスト、恵方巻き作り、餅つき体験、福餅まきが行われる。

 節分会は、心和やかで文化の薫る地域づくりと人材育成を目的に毎年開催。同地区の青年組織「岩崎地区青年会虹色の会“絆”」と同地区交流センター、同館で組織する実行委が運営に当たる。前回に続き実行委員長を務める及川俊宏さんは「鬼剣舞や鬼の館など岩崎の魅力をPRしたい」と意気込んでいる。

 時間は午前11時~午後4時。問い合わせは同館=0197(73)8488=へ。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年5月25日付
北上・西和賀
2018年5月25日付
北上・西和賀
2018年5月25日付
北上・西和賀
2018年5月25日付
北上・西和賀
2018年5月25日付