県内外

八重樫(北上市出身)来月再起戦 ボクシング 4階級制覇への一歩

次戦が決まり、ポーズを取る八重樫東(左)と清水聡=10日、横浜市神奈川区

 ボクシングの世界3階級制覇の元王者八重樫東(北上市出身)と、2012年ロンドン五輪男子バンタム級銅メダリストで東洋太平洋(OPBF)フェザー級王者の清水聡の次戦が、3月26日に東京・後楽園ホールで行われることが決まり、10日に2人が所属する大橋ジムが発表した。

 25日に35歳となる八重樫は昨年5月に国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王座の3度目の防衛に失敗して以来の再起戦で、インドネシア選手を相手にスーパーフライ級のノンタイトル10回戦に臨む。日本男子初の4階級制覇を目指しての再出発に「十分な準備の時間が取れたので楽しみ」と語った。

 清水は韓国選手と2度目の防衛戦。年内の世界挑戦を希望しており、「勝つのは当たり前だと思っている」と自信を示した。【時事】

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年11月20日付
県内外
2019年11月20日付
県内外
2019年11月20日付
県内外
2019年11月20日付
県内外
2019年11月20日付