県内外

平昌パラリンピック 10日間の祭典に幕

閉会式で入場する旗手の村岡桃佳(手前右)=18日、韓国・平昌

 【平昌時事】平昌パラリンピックは18日、韓国の平昌五輪スタジアムで閉会式が行われた。初参加の北朝鮮、ジョージア、タジキスタンを含む過去最多の49カ国・地域が参加した障害者スポーツの祭典は10日間の日程を終え、2020年東京夏季大会、22年北京冬季大会に向けて動きだす。【8面に関連】

 この日行われたアルペンスキー女子回転の座位で村岡桃佳(早大)が2位に入り、今大会5個目のメダルを獲得。今大会で日本は計10個(金3、銀4、銅3)のメダルを獲得。前回の14年ソチ大会の6個を超えるという目標を達成した。メダルの内訳はアルペンスキーが6、ノルディックスキー距離で2、スノーボードで2。

 閉会式で日本選手団の旗手には、開会式に続いて村岡が抜擢(ばってき)された。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年11月19日付
県内外
2018年11月19日付
県内外
2018年11月19日付
県内外
2018年11月19日付
県内外
2018年11月19日付