花巻

ロシアの音楽祭オペラ部門で優秀賞 花巻イーハトーブ大使 古川精一さん

古川精一さん
24日、金星少年少女オケと共演

 花巻イーハトーブ大使で国際的バリトン歌手の古川精一さん=東京都世田谷区=は10、11の両日、ロシア・モスクワのボリショイ劇場で開催された第1回国際プロフェッショナル音楽賞「ブラボー」に出演し、オペラ部門優秀賞を受賞した。古川さんは「芸術文化をつくってきた国ロシアで国際的な賞を受賞でき、音楽を目指してきた者として感慨深い。さらに音楽が持つ社会的な力を生かす活動をするため、改めて襟を正したい」と喜びを語っている。

 同音楽賞は、クラシックとポップスの両分野で活躍する各国の有名アーチストを招き、ロシアを代表するボリショイ劇場などを会場に開催。同国では最大級の音楽祭の位置付けで、プーチン大統領が受賞者へ祝福コメントを寄せており、リチャード・ギアさん(米国)、ホセ・カレーラスさん(スペイン)らも出演した。

 この大舞台で古川さんは、ヴェルディのオペラ椿姫より「プロヴァンスの海と陸」を披露。見事な歌唱でスミ・ジョーさん(韓国)、リアン・リーさん(中国)らと共に優秀賞に輝いた。

 古川さんは1965年、東京生まれ。デンマーク国費留学を経てドイツの歌劇場と専属契約し活躍。祖父と父が花巻市出身という縁から同大使を務め、花巻の子供たちへの指導にも尽力している。

 24日には市文化会館で、同市を拠点に活動している「金星少年少女オーケストラ」のコンサートに出演し、児童生徒の演奏で歌声を披露する予定。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年12月19日付
花巻
2018年12月19日付
花巻
2018年12月19日付
花巻
2018年12月19日付
花巻
2018年12月19日付