一関・平泉

人気コミック「宝石の国」とコラボ 石と賢治のミュージアム あすから特別展【一関】

石と賢治のミュージアムで開かれる「宝石の国展」のポスターと複製原画
キャラクターモデルの原石、イラストと共に

 一関市東山町の石と賢治のミュージアムは、4月1日から特別展「宝石の国展」を開催する。市川春子さん原作の人気コミック「宝石の国」とのコラボレーション企画で、作中に登場するキャラクターとそのモデルになった宝石(原石)を併せて見ることができる。ミュージアムでは「鉱物はもとより、作品のファンの方も足を運んでほしい」と呼び掛けている。

 市のいちのせき元気な地域づくり事業の一環で、講談社、ミネラルマルシェが協力する。

 宝石の国は、2012年から月刊アフタヌーンで連載。「今から遠い未来、かつて存在した生物が、不死の体を持つ『宝石』になった世界で、月から飛来する謎の敵“月人”と宝石たちとの激しい戦いを描く、強くてもろくて美しいアクションファンタジーコミック」(公式サイトより)で、17年にはテレビアニメ化された。

 同ミュージアム「太陽と風の家」鉱物展示室で、作中に登場する宝石26種の原石と、市川さんがその原石をモチーフにしたキャラクターのイラストを展示する。単行本表紙や雑誌などに使われたイラストの複製原画47点も公開し、一部は東山図書館でも展示する。

 期間は7月19日まで。鈴木実協力研究員は「作品で鉱石を知った人にも、石の魅力を知ってもらいたい」と話している。

 問い合わせは同ミュージアム=0191(47)3655=まで。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年2月24日付
一関・平泉
2020年2月24日付
一関・平泉
2020年2月24日付
一関・平泉
2020年2月24日付
一関・平泉
2020年2月24日付