北上・西和賀

「やっぺし」本格始動 諏訪町チャレンジショップ 6店舗、決意新た【北上】

チャレンジショップの本格営業へ力を込める千葉社長(前列中央)と入居店舗の関係者

 北上市の諏訪町商店街の若者・女性向けチャレンジショップ「Cokkara(コッカラ)やっぺし」は7日、グランドオープンした。プレオープンから準備を兼ねて営業している6店舗が、数年後の独立と中心商店街活性化へ決意を新たに本格スタートを切った。

 商店街の空き店舗を活用し、若者や女性に創業の場を提供する市の事業の一環。管理運営を担う補助事業者に選定された同市のスパット北上(千葉智英社長)が空きビルを改修した。

 1階は屋台村のオープンスペースで、串焼き屋と串揚げ屋、ギョーザ屋が出店。2階は個室でリラクゼーションサロンとネイルサロン、ヘアサロンの3店舗が入居する。2月22日のプレオープン後、各店舗では試行錯誤を重ねながら営業し、グランドオープンに向けて準備してきた。

 7日にビル内で行われたセレモニーには関係者20人ほどが出席。千葉社長は「北上が活発になるよう日進月歩で進化の見えるチャレンジショップにしたい」と意気込みを述べた。

 ギョーザ屋の八重樫元基さん(29)は「おいしいと言って来てくれる人もいる。北上を代表するギョーザ屋になり、北上コロッケを超えるB級グルメに」と力を込め、リラクゼーションサロンの髙橋美紀子さん(51)は「いろいろ課題が見え不安はあるが、子供からおばあちゃんまで一息つく店にしたい」と語った。各店舗は経験とノウハウを積んで原則3年以内に独立し、ビルにはまた新しい起業家が入る。

 1階は4月中旬と5月中に1店舗ずつが入居予定で、計5店舗で満床となる。2階は2店舗分の空きがある。営業時間は1階が午後5~12時(日曜休み)、2階は午前10時から各店舗終了まで。

 このほか2階にイベントホール、3階には多目的のカルチャールームやキッチンルーム、会議室を備え、一般でも多目的な利用が可能。小さい子供連れに配慮し2、3階にはキッズスペースを設けた。

 問い合わせはスパットビル=0197(62)3400=へ。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年8月21日付
北上・西和賀
2018年8月21日付
北上・西和賀
2018年8月21日付
北上・西和賀
2018年8月21日付
北上・西和賀
2018年8月21日付