北上・西和賀

展勝地 本格スタート祝う さくらまつり開催式 見頃予想は24日ごろ【北上】

風船を飛ばし、まつり開催式に花を添えた保育園児たち

 10日開幕した北上展勝地さくらまつり(実行委主催)の開催式が11日、同市立花の市立公園展勝地で行われ、関係者がテープカットを行い、まつりの本格スタートを祝った。5月6日までのまつり期間中、ライトアップの充実により夜桜見物への誘導を図るほか、観光遊覧船や渡し舟など多彩な企画で花見客を迎える。渋滞対策として市内の珊瑚橋では一般車両を通行止めとする交通規制に初めて乗り出す。

 桜並木入り口で行われた開催式には、関係者を中心に約100人が出席した。実行委会長の八重樫守民北上観光コンベンション協会長は「渋滞対策の交通規制を行うなど問題点を少しずつ改善するほか、おもてなしにも力を入れ、前年よりプラスの入り込みとなることを期待したい」とあいさつ。佐藤正昭北上商工会議所会頭の開会宣言に続き関係者がテープカットしたほか、立花、川岸両保育園の園児40人が歌や遊戯を披露し、最後に風船を大空に飛ばしてまつりに花を添えた。

 開花時期を過去10年の平均で見ると、展勝地並木は19日、満開は27日。今年は11日現在で開花しておらず、市は24日ごろに見頃を迎えると予想している。

 「みちのく三大桜名所」として知られる展勝地は、約2キロの沿道に約500本植栽されている桜並木が名物。期間中は、北上川から花見を楽しむ観光遊覧船や両岸を結ぶ渡し舟の運航、桜並木を楽しむ観光馬車体験のほか、鬼剣舞公演や黒沢尻歌舞伎さくら道中、開花状況に合わせたライトアップなどを楽しむことができる。特にライトアップは前年より10基増やし60基の投光器で照らし、滞在型観光の増加につなげたい考え。

 渋滞対策として14日~30日までの土日・祝日の7日間(午前8時~午後5時)は、珊瑚橋の一般車両の通行を禁止するとともに、シャトルバスの定時運行を確保。江釣子ショッピングセンターパル西側と下門岡、市役所本庁舎には臨時の無料駐車場を用意する。問い合わせは、臨時案内所=0197(64)5020=へ。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年11月14日付
北上・西和賀
2018年11月14日付
北上・西和賀
2018年11月14日付
北上・西和賀
2018年11月14日付
北上・西和賀
2018年11月14日付