一関・平泉

絶滅危惧種 満開 室根・熊谷さん方 クマガイソウ【一関】

近隣住民らの目を楽しませている熊谷さん方のクマガイソウの群生

 一関市室根町折壁字新舘前の熊谷悦男さん(76)方の庭先で、クマガイソウの群生が見頃を迎えている。かれんな白い花が一面に咲き誇り、近隣住民らの目を楽しませている。

 クマガイソウはラン科の多年草で、環境省の絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。熊谷さんは10年ほど前に近所の人から分けてもらった株を庭先に植え、動物に荒らされないよう網を掛けるなど管理しながら数を増やしてきた。今年は今月に入って開花し、約130本が花を咲かせた。

 山野草が好きで、退職後に本格的に栽培を始めた熊谷さん。庭にはサクラソウや盆栽など約20種の園芸植物があり、地元商店にも育てた四季の草花を届けているという。「クマガイソウはこれまでで一番数が増えた。今年もきれいな花を咲かせてくれて良かった」と笑みを浮かべていた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年5月26日付
一関・平泉
2018年5月26日付
一関・平泉
2018年5月26日付
一関・平泉
2018年5月26日付
一関・平泉
2018年5月26日付