花巻

花巻温泉 26日からバラまつり 夜間ライトアップも

 花巻市湯本の花巻温泉バラ園恒例のバラまつりは、26日に開幕する。7月8日までの期間中、さまざまな種類の花々が咲き誇り華やいだ雰囲気を演出する。今回は夜間のライトアップも初めて企画しており、バラの楽しみ方がさらに増えそうだ。

 約1万6500平方メートルの園内には約450種、6000株のバラが植えられ、形や色が異なる花々が同温泉を彩る。品種は東北地方最多でオリジナル品種もそろえ、花好きを楽しませている。

 同園によると、4月に暖かな日が続いたことから2017年に比べて生育は3、4日ほど早い。つぼみが多く、チャールストンやゴールドバニーといった早咲き品種はつぼみが大きく膨らんでいるという。

 今回はピンク色の「恋結び」や黄色い「ポラリスアルファ」、深い赤色の「ディープボルドー」といった発表間もない品種約20種類を初導入。ライトアップは園内の幻想的な夜の雰囲気も味わってもらおうという試み。同園の高橋宏園長は「予報では夏日の日もありそうで、今後気温が高まれば開幕から早咲き品種が十分楽しめそうだ」と話している。

 期間中は土日にイベントを開催。6月24日に京成バラ園(千葉県八千代市)のヘッドガーデナー村上敏さん、7月1日には育種家武内俊介さんを講師に講演会も予定している。

 開園時間は午前6時~午後9時(ライトアップは午後7~9時)。入園料は中学生以上800円、小学生以下無料。問い合わせは同温泉=0198(37)2111=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年5月20日付
花巻
2018年5月20日付
花巻
2018年5月20日付
花巻
2018年5月20日付
花巻
2018年5月20日付