北上・西和賀

カブトムシ大事に育てて 東北電力花北営業所など 園児へ幼虫プレゼント【北上】

寄贈されたカブトムシの幼虫を観察するいわさき認定こども園の園児

 東北電力花北営業所(阿部公哉所長)と北上地域ブルーベリーの会(佐々木仁会長)は1日、北上市和賀町岩崎のいわさき認定こども園にカブトムシの幼虫約60匹を寄贈した。幼虫は園内で育て、生き物を大切にする気持ちを育む。

 多業種の連携を通じて地域振興などを図る「農楽工楽(のらくら)の和が郷づくり運動」の一環で市内の幼稚園などに贈り、5年目となった。同営業所が電線の維持作業で伐採した広葉樹を、関連会社でチップに加工。チップは木の生育に役立つためブルーベリー生産者でつくる同会に贈ったところ、カブトムシがチップに産卵したため活用してきたという。

 同日は関係者が同園(栗生沢恵子園長、園児104人)を訪れ、年長、年中児51人に飼い方を説明。腐葉土から幼虫が取り出されると、園児は興味津々な様子で観察していた。小原莉桜ちゃん(5)は「幼虫を見るのは初めてで、にょろにょろ動いていた。大事に育てる」と話していた。

 幼虫は7月末から8月ごろに成虫になるという。佐々木会長は「子供たちは昔より虫を目にする機会が減っていると思う。命を大切にする気持ちを育んで」、阿部所長は「思いやりを育む幼稚園の教育に役立ててほしい」と願っていた。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年8月21日付
北上・西和賀
2018年8月21日付
北上・西和賀
2018年8月21日付
北上・西和賀
2018年8月21日付
北上・西和賀
2018年8月21日付