県内外

黒工 3年連続8強 夏の高校野球岩手大会

【岩手―黒沢尻工】黒沢尻工六回、同点の2点本塁打を放ち、ハイタッチで喜ぶ石塚(右)=県営球場

 第100回全国高校野球選手権記念岩手大会(県高野連など主催)は18日、盛岡市の県営球場で4回戦の残り2試合が行われ、黒沢尻工などが勝ち、8強が出そろった。【8面に関連】

 黒沢尻工は3年連続準々決勝進出。六回に石塚綜一郎(2年)の2点本塁打で同点に追い付くと、七回には5安打を集めて4点を勝ち越し、継投も決まった。

 同日の2試合は17日に予定されていたが、雨天ノーゲームで順延されていた。19日は県営、花巻の両球場で準々決勝4試合が行われる。

きのうの結果

◇県営球場
 ▽4回戦
黒沢尻工6-2岩手
盛岡大附9-1盛岡工(七回コールド)

きょうの試合

◇県営球場
 ▽準々決勝
花巻東-福岡(10時)
盛岡商-盛岡大附(12時30分)

◇花巻球場
 ▽準々決勝
一関学院-岩谷堂(10時)
黒沢尻工-盛岡市立(12時30分)

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年12月9日付
県内外
2018年12月9日付
県内外
2018年12月9日付
県内外
2018年12月9日付
県内外
2018年12月9日付