県内外

来年1月 本県版発行へ 県とNTTタウンページ 防災啓発情報で協定【岩手】

「防災啓発情報に関する協定」を締結した達増知事(右)と吉松常務取締役

 県とNTTタウンページは27日、「防災啓発情報に関する協定」を締結した。同社は県が提供する防災情報に加え、各地域の避難所の場所などを記したマップを掲載した「防災タウンページ」の本県版を2019年1月に約60万部発行し、タウンページと合わせて県内全ての事業所と住宅に配布する。

 同社では、14年に甲府市で発行した防災情報誌「甲府市避難所マップ」をきっかけに、防災関連情報を集めた防災タウンページを発行している。6月末現在で、31府県と65市で防災協定を締結しており、18年度内に全国での発行を目指している。本県では盛岡市と久慈市で既に発行されている。

 県庁で行われた協定締結式には、達増拓也知事と同社の吉松康夫常務取締役らが出席。

 達増知事は「防災啓発情報の発信によって、県民一人ひとりの防災意識の向上が図られ、日ごろからの災害に対する備えや、いざというときの避難行動など県民の安全・安心や防災力の一層の向上につながる」と期待を込めた。

 吉松常務取締役は「インターネットの時代だが、全住民に配布できる媒体の特性を生かしていく必要がある。西日本で発生した豪雨などを踏まえエリアフリーの防災対策が求められている」と述べた。

 協定は両者が地震、風水害、津波、土砂災害、その他の自然災害などについて防災啓発情報の発信に協力し、県民一人ひとりの防災意識の醸成を図り、地域防災力の強化につなげることを目的にしている。

 具体的には県が提供する防災啓発情報を防災タウンページやWEBサトト「iタウンページ」に掲載する。防災タウンページには防災情報のほか、指定避難所や指定緊急避難場所、公衆電話などを記した地域のマップも掲載される予定。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年2月23日付
県内外
2019年2月23日付
県内外
2019年2月23日付
県内外
2019年2月23日付
県内外
2019年2月23日付