県内外

節目の夏 開幕 花巻東、力強く行進 全国高校野球選手権記念大会

開会式で入場行進する花巻東の選手=5日、甲子園

 【甲子園取材班】第100回全国高校野球選手権記念大会は5日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。大きな節目を迎えた今大会には、史上最多の56代表が出場。3年ぶり9度目出場の花巻東も悲願の日本一を胸に堂々と行進し、力強く聖地を踏みしめた。

 開会式は午前9時から行われ、前回優勝校の花咲徳栄(北埼玉)に続き、各校が南から北の順に入場。金足農(秋田)に続いて登場した花巻東は、旗手の菅原颯太主将(3年)を先頭に引き締まった表情で歩を進めた。

 菅原主将は「観客が多く、リハーサルの景色とは全然違った。花巻東の名前が呼ばれた時に大きな拍手が起こって、驚いた」と笑顔を見せ、「一日一日を大切にしながら、残り短い期間で濃い練習をしていきたい」と意気込みを新たにした。

 花巻東は大会第5日(9日)の第2試合(午前10時30分開始予定)で、2年連続2度目出場の下関国際(山口)と対戦。開会式後はグラウンドでの練習はなく、西宮市のビーコンパークスタジアムに移動してピッチングマシンで打ち込みを行った。

momottoメモ

【3、8、社会面に関連】
◆注目選手紹介◆悔しさ力に 変化球へ磨き 平山涼太投手


花巻東・選手の横顔

 3年ぶり9度目の出場となる花巻東の登録選手18人と意気込みを2回に分けて紹介する。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年10月24日付
県内外
2018年10月24日付
県内外
2018年10月24日付
県内外
2018年10月24日付
県内外
2018年10月24日付