奥州・金ケ崎

子育てママ、生徒が応援 水沢商高 子供服交換や菓子作り【奥州】

親子でスコーン作り体験などのイベントでにぎわった水沢商高の子育て支援イベント

 奥州市水沢の水沢商業高校は5日、同市水沢聖天の水沢地区センターで子育て応援イベントを開いた。子供服交換会や菓子作り、縁日など多彩な催しが繰り広げられ、大勢の家族連れでにぎわった。イベントを企画した商業研究選抜のリーダー菊池雅梨さん(3年)は「準備期間が短く、多くの関係者の協力でにぎやかなイベントになった。秋ごろにも開催したい」と、初イベントの反響に意欲を高めている。

 イベントは、子育て中のお母さんのお手伝いをしようと企画。子育て支援をテーマに設定して商業研究発表大会に向けてアンケートなどの調査を行ううち、「古着屋はあるけど、必要なら譲りたい」という声が多く、「子ども服シェア」をキーワードとしたイベントを企画。「Cafe Unma」の及川麻梨絵さんや保育園の協力を得た。

 イベントでは、「子ども服シェア」コーナーをはじめ、縁日、お菓子作り教室、リトミック教室、おひるねアート撮影会、カフェを展開。訪れた親子連れは部屋いっぱいに並んだ子供服からお気に入りを探したり、一緒にスコーンを作ったり、おひるねアート写真を体験したりして楽しんだ。

 同市江刺の菅野恭子さん(45)は、華子さん(12)、紗子さん(10)、心子ちゃん(3)の3姉妹と共にイベント全てを体験した。「子育て支援イベントは初めて。いろいろ盛りだくさんの体験ができて楽しかった。服の交換会は初めて。使わなくなった服が無駄にならなくていいと思う」と笑顔を見せていた。

 菊池さんは「市内の保育園や認定こども園でアンケート調査をさせてもらい、必要だと感じてイベントを開催した。子ども服シェアには数え切れないほどの協力があり、きょうも多くの方に持ち帰ってもらった」と感謝している。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年8月15日付
奥州・金ケ崎
2018年8月15日付
奥州・金ケ崎
2018年8月15日付
奥州・金ケ崎
2018年8月15日付
奥州・金ケ崎
2018年8月15日付