県内外

大谷2安打1打点 田中、五回途中1失点

インディアンス戦の七回、メジャー初の死球を受けたエンゼルスの大谷=5日、クリーブランド(時事)

 【クリーブランド時事】米大リーグは5日、各地で行われ、ヤンキースの田中はレッドソックス戦に先発し、4回3分の2を投げてソロ本塁打を含む6安打1失点、9奪三振で勝敗はつかなかった。チームは延長十回、4-5でサヨナラ負けして5連敗。

 エンゼルスの大谷翔平(花巻東高出)はインディアンス戦に3番指名打者で出場し、4打数2安打1打点。七回にはメジャー初の死球を受けた。エンゼルスは3-4で敗れた。

 ダイヤモンドバックスの平野は、ジャイアンツ戦の六回途中で救援し、3分の2回を無安打無失点。チームは2-3で敗れた。

大谷、息を吹き返す2安打

 前日の試合で無安打に終わったエンゼルスの大谷が、息を吹き返した。一回、外角のカーブを逆らわずに左中間へ運び、フェンス直撃の二塁打。最近は角度のついた打球が多く、「良い結果も出ているし、悪くはないと思う」と状態を分析する。

 五回2死三塁で迎えた第3打席は、内角速球を2球続けられた後の低めへの変化球に反応。バットは折れたが、左前へ落とす適時打。ラッキーな当たりにも見えるが、「それなりに良い状態のときはそういう打球も多い。必ずしも偶然ではないのかなと思う」と言う。

 3日には2本塁打を放ち、プロ初の4安打もマーク。しかし、翌4日は好投手クルバーの前に手も足も出なかった。「もちろん工夫が足りなかった部分もあると思うが、投手が良かったというのは大前提」。前夜の結果を引きずることなく、打席で結果を残した。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年8月19日付
県内外
2018年8月19日付
県内外
2018年8月19日付
県内外
2018年8月19日付
県内外
2018年8月19日付