県内外

花巻東VS下関国際 いざ初戦 監督対談 全国高校野球選手権記念大会

握手を交わし健闘を誓い合う花巻東の佐々木監督(右)と下関国際の坂原監督=甲子園

 【甲子園取材班】第100回全国高校野球選手権記念大会第5日(9日)の第2試合で対戦する花巻東の佐々木洋監督と下関国際(山口)の坂原秀尚監督が甲子園球場で対談し、互いの印象や理想の展開を語り、健闘を誓い合った。

機動力抑え接戦狙う 花巻東・佐々木監督
継投警戒し終盤勝負 下関国際・坂原監督

 ―互いの印象は。

 佐々木 投手を中心としたチーム。昨年からかなりの数の選手が甲子園に出場し、経験を積んでいる。

 坂原 堅い守りとつながりのある打線で、積極的に機動力も使ってくる。100回の記念大会で戦えるのは光栄。

 ―警戒、注目している相手選手は。

 佐々木 あまり映像をチェックしてはいないが、やはり鶴田克樹投手。4番で打ってもいる。

 坂原 継投する投手陣を警戒している。岩手大会では伊藤翼投手が長いイニングを投げていた。

 ―理想の試合展開は。

 佐々木 機動力のある1、2番を抑え、つながれないようにし、1点でも多く点を取りたい。接戦に持ち込む。

 坂原 うちは守備のチーム。終盤勝負に持ち込み、粘りのある花巻東に負けないよう1点勝負で挑みたい。

 ―キーマンとなる選手は。

 佐々木 4番紺野留斗に期待している。3番田中大樹、5番川内遥大の調子が上がっているので、走者をかえし、打線もつなげる。

 坂原 投打で鶴田がカギになるだろう。過去2大会は立ち上がりに失点したので、序盤に落ち着いて入り、点を取りたい。

 ―チームの状態は。

 佐々木 投手陣は調子が良くなってきている。調子を見ながら先発を決めたい。

 坂原 けが人がいないのが何より。鶴田も山口大会の疲れから回復してきている。

 ―選抜大会以来、成長した点は。

 佐々木 大敗し悔しい思いをした相手の大阪桐蔭を基準に、全ての面を引き上げてきたつもり。

 坂原 追っていく展開が多かったが、精神的に成長して夏はビッグイニングをつくれている。

 -スコアの予想を。

 佐々木 投手が素晴らしい相手。4―3ぐらいで何とか勝ちたい。

 坂原 5点以上を取り、失点を3点以内に抑えて戦いたい。


 花巻東・佐々木 洋監督(ささき・ひろし)黒沢尻北高、国士舘大卒。横浜隼人(神奈川)でコーチを務めた後、2001年に花巻東の監督に就任。05年夏に甲子園初出場、09年の選抜大会では県勢初の準優勝、夏は2度の4強入りを果たした。北上市出身。43歳。

 ………………………

 下関国際・坂原 秀尚監督(さかはら・ひでなお)広島国際学院高、広島国際学院大卒。社会人野球の投手でプレーし、同大でコーチを務めた後、2005年に下関国際監督に就任。17年夏に甲子園初出場し、18年は選抜大会にも出場した。山口県下関市出身。41歳。

momottoメモ

【関連】
◆エース攻略へ闘志 花巻東打撃陣 


花巻東・選手の横顔

 3年ぶり9度目の出場となる花巻東の登録選手18人と意気込みを2回に分けて紹介する。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年12月12日付
県内外
2018年12月12日付
県内外
2018年12月12日付
県内外
2018年12月12日付
県内外
2018年12月12日付