県内外

台風13号 接近前から大雨警戒【岩手】

盛岡気象台 早めの対応呼び掛け

 台風13号は、9日には暴風域を伴い東北太平洋側に接近する恐れがある。県内では9日を中心に風雨が強まる見込みで、台風が接近する前の段階から前線の活動が活発になり大雨となる可能性がある。盛岡地方気象台は、防災気象情報に注意し早めに防災対応を取るよう呼び掛けている。

■ □

 台風13号は7日正午現在、八丈島の東南東約480キロにあり、北北西に時速20キロで進んでいる。中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は35キロ。今後も勢力を維持して暴風域を伴い北上し、9日には東北太平洋側にかなり接近する恐れがある。

 県内の雨の降りだしは台風と共に北上する前線の影響で7日夜から。沿岸南部を中心に8日夕方以降から強まる見込みで、8日夜は1時間に20ミリの強い雨、ピークは台風が最接近する9日の日中で1時間に50ミリの非常に激しい雨が予測される。内陸でも1時間に30ミリの激しい雨が予測され、9日いっぱいは大雨に警戒が必要だ。

 海上は8日夜遅くには沿岸南部で6メートルの高波、9日に入り沿岸全域で6メートル以上が予測され、大しけとなる見通し。満潮時刻が台風最接近時と重なっており高潮にも注意が必要だ。陸上は13メートルの強風が予測されている。

 同気象台では、9日の日中から夜にかけて沿岸部で大雨(浸水・土砂)警報、洪水警報を発表する可能性がある。

 中塚斉防災管理官は「台風の接近前から雨や風が強まる恐れがあるので、風雨が強い時は極力外出しない、市町村の避難に関する情報に注意するなど早め早めの安全確保をしてほしい」と呼び掛けている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年8月14日付
県内外
2018年8月14日付
県内外
2018年8月14日付
県内外
2018年8月14日付
県内外
2018年8月14日付