奥州・金ケ崎

官民連携し大谷選手応援団 活躍期し古里一丸【奥州】

「大谷翔平選手ふるさと応援団」が設立。全市的な大谷選手への応援に向けて誓いを新たにする構成団体の代表者ら

 米大リーグのエンゼルスで活躍している大谷翔平選手(24)を応援するため、出身地の奥州市で10日、「大谷翔平選手ふるさと応援団」(会長・小沢昌記市長)が設立された。行政と民間による組織で、大谷選手の活躍を古里から後押しするため、各団体が連携しながら全市的な応援の機運を盛り上げていく。

 市役所で開かれた設立総会では、会則を制定、役員を選任した後、2018年度事業計画を決めた。

 同応援団は、市と市議会、市教委、JA岩手ふるさと、JA江刺、奥州商工会議所、前沢商工会、市観光物産協会、市体育協会、市野球協会の10団体で構成。

 事業計画では、大谷選手の背番号「17」にちなみ、毎月17日を「大谷選手応援デー」と定め、応援につながる組織的な取り組みに努める。予算を持たない組織のため、各団体が実施する応援事業に対して、人的な運営協力、物産の提供、情報発信などに連携していく。同応援団の活動を協力する企業や団体を応援サポート企業(団体)として広く募集することも事業の一つ。

 市が今年度に予定している大谷選手を応援する事業は、清水寺(京都市)の森清範貫主が揮毫(きごう)した「投打猛進」の文字をデザインした横断幕・懸垂幕を今月中に作製し、市役所やJR水沢駅・水沢江刺駅などに掲げるほか、同じく応援ポスターを学校やスポーツ施設、応援サポート企業などに配布する。

 JR水沢江刺駅の壁面に大型の応援タペストリーを掲示するほか、大リーグシーズン終了後には、大谷選手の1年間の活躍を振り返るトークショーや写真パネル・サイングッズの展示を予定。応援メッセージ映像を制作することも計画しており、多くの市民の応援機運を盛り上げていく。

 市では、毎月17日の「大谷選手応援デー」に職員有志がエンゼルスのチームTシャツを着て業務に当っている。市議会でも同様の取り組みを行う計画。

 小沢市長は「大谷選手の活躍につながるよう各団体と連携して取り組みたい。古里の一員として大谷選手を応援していきたい」と話している。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年12月12日付
奥州・金ケ崎
2018年12月12日付
奥州・金ケ崎
2018年12月12日付
奥州・金ケ崎
2018年12月12日付
奥州・金ケ崎
2018年12月12日付