県内外

不審電話に注意を 東北電力が呼び掛け【岩手】

 東北電力送配電カンパニー岩手支社によると、東北電力の関係者を名乗り「自動検針化に伴う計器(メーター)の取り替えのためだ」などと称し、契約に関する情報や電気使用量などを聞き出そうとする不審電話が県内で相次いでおり、注意を呼び掛けている。

 不審電話は7月下旬から確認されており、県内では今月10日現在で25件。新潟県を含む東北電力のエリアでは山形、福島両県を除く5県で同様の不審電話が確認されており、9日現在で173件に達している。

 これまでに情報を悪用した具体的な被害は確認されていないが、同支社広報担当の有川増博部長は「電話の目的は不明。当社では電話や訪問により契約に関する情報を聞き出すような問い合わせは一切行っていない」とし注意を喚起している。

 同支社では、不審な電話を受けたときは東北電力コールセンター=(0120)175466=に問い合わせしてほしいとしている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年9月27日付
県内外
2021年9月27日付
県内外
2021年9月26日付
県内外
2021年9月26日付