奥州・金ケ崎

馬に乗りきりり ころもがわ祭り【奥州】

幼児らによる「お石さま行列」が商店街を練り歩いた奥州ころもがわ祭り

 2018奥州ころもがわ祭りは19日、奥州市衣川の古戸商店街特設会場で開かれた。通りを歩行者天国とした会場では、繁栄と平和を願う「お石さま行列」や、地元の子供たちによる郷土芸能、綱引き大会など多彩な催しで街並みをにぎやかに飾った。

 衣川小学校有志による「み神楽」の熱演で幕開け。開会行事では、主催する実行委員会の菅原悦朗委員長が「元気と喜びを感じる一日が過ごせることを願う」とあいさつし、式典後、衣里小児童による川西大念佛剣舞が披露され、観衆を魅了した。

 午前中に、お石さまを迎えに行く騎馬武者先陣行列が磐神社に向け出発。地元の42歳厄男が扮(ふん)した騎馬武者が地域の発展などに思いを込めて勇ましく名乗りを上げると、観衆から拍手と歓声が湧き上がった。

 午後には神楽一行を先頭に、みこや「男石さま」の男児、「女石さま」の女児ら約50人によるお石さま行列が同商店街を練り歩き、観衆がカメラやスマートフォンなどで撮影しながらじっくりと見入った。2017年の兄に続き、行列に参加した髙橋佑冴ちゃん(5)は「馬に乗って面白かった」と笑顔をのぞかせていた。

 このほか、衣川中学校生徒の吹奏楽やよさこい演舞、地元の子供たちや在京衣川村友会ら4団体が出場してパフォーマンスを競ったスコップ三味線第3回衣川大会、行政区対抗の第34回弁慶綱引き大会、新衣川音頭流し踊りパレードなども繰り広げられた。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年9月26日付
奥州・金ケ崎
2021年9月26日付
奥州・金ケ崎
2021年9月26日付
奥州・金ケ崎
2021年9月25日付