県内外

2019人でパスリレー ラグビーW杯盛り上げ 盛岡中心市街地 10月6日に催し

盛岡マチナカ・ラグビーボール・パスリレーをPRする実行委員会のメンバー

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を盛り上げようと、盛岡市の中心市街地を舞台に市民らがラグビーボールをつなぐ「盛岡マチナカ・ラグビーボール・パスリレー」の実行委員会は22日、盛岡市内で記者会見を開き、10月6日に開催するイベント概要を発表した。JR盛岡駅をスタート地点に市内中心部の5・7キロをコースに展開。パスリレーの参加者として市内外から2019人を募集している。

 釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムなどを会場に来年開催されるラグビーW杯を盛岡から盛り上げようと住民組織らがイベントを企画。

 パスリレーのルートは、午後2時30分にJR盛岡駅でオープニングイベントを行い、同3時にスタート。材木町や大通、内丸、肴町などの中心市街地を縦断し、八幡町の盛岡八幡宮の鳥居に午後5時にトライする予定。ルートは通常区間と速達区間に分けて行われる。

 通常区間は参加者が1・5メートルの間隔で1列に整列し、同スタジアムで試合が予定される出場国のボール5個を手渡しでリレーする。速達区間は、参加者が5人一組となり、20~30メートル間隔に並び1個のボールを持って走りつなぐ。

 9月15日までに▽盛岡駅▽材木町▽大通・菜園▽内丸・上ノ橋・紺屋町▽肴町▽八幡町―の6エリアに分けて市内外から参加者を募集している。参加希望者はホームページをはじめ、はがきやファクスで申し込む。参加無料。

 開催費用は約150万円を見込み、事業所や個人からの協賛金を募集する。実行委員会の明戸均会長は「ラグビーワールドカップが岩手で開催されることが一番うれしい。県都盛岡から県内外に向けてアピールし盛り上げていきたい。さらに、県内の市町村でも同じような取り組みにつながってもらいたい」と意欲を語った。

 問い合わせは、同実行委の外柳さん=090(5596)6967=へ。

 

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年9月21日付
県内外
2021年9月21日付
県内外
2021年9月21日付
県内外
2021年9月21日付