北上・西和賀

風景写真絵はがきに JA花巻広報誌掲載 高沢さん(沢内)厳選の10点【西和賀】

JAいわて花巻管内で撮影した風景写真の絵はがきを手にする高沢さん

 西和賀町沢内の写真家高沢翔さん(70)=本名髙橋定雄=は、これまでに撮影した県内の風景写真を絵はがきにした。「いろいろな景色に出合えたことへの恩返しの思い。岩手の魅力を感じてもらえればうれしい」としている。

 高沢さんは、JAいわて花巻の広報誌「ぽらーの花巻」の2014年7月号から裏表紙に写真を掲載しており、このうち、16年4月から始まったシリーズ「風趣点景 管内四季だより」に採用された写真の中から10点を選んで絵はがきを作った。

 「故郷深雪晴れ」は雪の中にたたずむ西和賀町内の古民家を被写体に選び、「雨後の水ばしょう」は蛭山ミズバショウ群生地で撮影。錦秋湖大滝のライトアップイベントで撮った「幻想の湖」、花巻市の円万寺境内から水を張った田を切り取った「恵みの田園」など、同JA管内の四季折々の景観を活写している。

 遠野市の高清水高原で撮影した「夜明けの雲海」は、一面の雲海に朝日が差し込む幻想的な光景。「雲が風で波打ち、県内にこんな壮大な景色があったのかと圧倒された」と振り返る一枚で、「感動に出合えるから写真を撮っている。撮影場所を探す中で岩手の歴史などを学び、視野も広がった」と実感する。

 絵はがきは10枚セット500円(税込み)で、西和賀町の湯夢プラザや道の駅錦秋湖、沢内バーデンで販売。これらの作品をメインにした写真展を9月1~5日に花巻市野田の同JAコミュニティーホール「おっほの館」で開く。

 問い合わせは高沢さん=090(6621)1389=へ。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年9月20日付
北上・西和賀
2021年9月20日付
北上・西和賀
2021年9月20日付
北上・西和賀
2021年9月20日付