花巻

10年連続で全員合格 3級造園技能士試験 花巻農高緑化コース3年14人 快挙達成喜ぶ

3級造園技能士試験で、10年連続となる全員合格を成し遂げた花巻農高環境科学科緑化コース3年生

 花巻市葛の県立花巻農業高校(軍司悟校長)の環境科学科緑化コース3年生14人が、3級造園技能士試験に合格した。同校にとって受験者の全員合格は10年連続となり、生徒や教職員が節目の快挙達成に喜びをかみしめている。

 造園の基本的な技術や技能、知識を問う同試験は、小さな区画の中に指定された庭園を造るなどの実技試験と造園の歴史や測量、設計、法令などに関する学科試験があり、同校では緑化コースを選択する3年生が、佐々木貴大教諭、杉村友宏実習教諭、千坂孝則教諭らの指導を受けて資格取得に取り組んできた。

 同校によると、試験の合格率は7割ほどだが、生徒はこれまで受け継がれてきた「連続全員合格」を途絶えさせまいと奮起。7月の試験に向け、放課後や休日返上で互いに教え合いながら実践的な練習を重ねたといい、見事プレッシャーをはねのけて記録をつないだ。

 節目の「10年連続」に教職員の喜びもひとしおで、「みんなで頑張ったことは人生に生きる。就職後、汗を流したり土に伏したりする作業も労をいとわずやってくれるはず」「全員合格を10年間継続している学校は全国でも唯一だと思う。炎天下の長時間の実習を乗り越えた経験を自信にしてほしい」とたたえる。

 市内の造園業者に就職する鎌田亮介君は「全員合格を達成できてうれしい。将来、資格を生かす場面はたくさんある。社会に役立てたい」、同じく小川口治人君は「重圧に打ち勝つことができた。シュロ縄の結び方や敷石の敷き方など、細かい作業も先生方の教えを思い出して仕事をしていきたい」と思いを語っている。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年12月19日付
花巻
2018年12月19日付
花巻
2018年12月19日付
花巻
2018年12月19日付
花巻
2018年12月19日付