一関・平泉

アイデア料理 味比べ 全国ご当地もちサミット 雑煮中心に行列も【一関】

来場者がさまざまな餅料理を楽しんでいる全国ご当地もちサミット

 全国のアイデア餅料理を一堂に集めた第7回「全国ご当地もちサミット2018in一関」(実行委主催、岩手日日新聞社など後援)は27日、一関市大手町の一関文化センター前広場で開幕した。26業者(団体)が出店し、趣向を凝らした餅料理を提供。初日はあいにくの雨模様となったが、会場には多くの人が足を運び、味比べを楽しんでいる。28日まで。

 一関地方に古くから伝わる餅食文化の情報発信と餅による地域おこしを目指し、市やJA、関係団体などでつくる実行委が2012年度から開催。今回は一関地方産業まつり商工祭と同時開催となった。

 本県と青森、宮城、山形の東北4県のほか、山梨、静岡の各県から新規4業者を含め、計26業者が出店。あんこ餅や大福、雑煮など昔ながらの料理のほか、パフェやプリン、クレープなどスイーツ系を中心に創作メニューも用意され、それぞれ1品400円で販売。1品購入するごとに「もちふだ」が配布され、お気に入りの餅料理に投票することでグランプリを決める。

 雨にもかかわらず開始直後から多くの人でにぎわった。特に、気温が低かったことで雑煮を中心に行列ができたほか、過去にグランプリを獲得した実績のある業者のブースも人気だった。初出店となったいちのせき弁当(一関市)は「お餅かえり鯛」の販売にちなみ、タイの絵が描かれた面を身に着けてアピールしていた。

 兄弟で訪れた藤原崇馬君(南小学校6年)、颯人君(同4年)、頌太君(同2年)は異なる種類の餅料理を食べ比べ、崇馬君は「紫波ベーコンもっちーがおいしかった。いろいろな料理を食べてみたい」と語っていた。

 最終日の開催時間は午前10時~午後3時30分。投票は2時までで、3時から表彰式を行う。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2022年8月16日付
一関・平泉
2022年8月16日付
一関・平泉
2022年8月16日付
一関・平泉
2022年8月16日付