花巻

20回節目 稽古に熱 東和の劇団 17、18日記念公演【花巻】

第20回公演に向け稽古を重ねる「劇団よぐまんづ東和町」団員ら

 花巻市東和町を拠点に活動する劇団よぐまんづ東和町(晴山准子代表)の定期公演は、17、18の両日に同町安俵の東和総合福祉センターで行われる。今回は20回目の節目となる記念公演で、出演者らは連日の舞台稽古で本番に万全を期している。

 今回公演は「ふたごの魔女」「すてきなお泊まり会」「婚活パーティ殺人事件」の3話立て。原作と脚色は同町在住経験がある絵本作家・とくらさちひさん(山形県酒田市)、演出は同劇団の熊谷恵さんが担当する。出演は団員のほか市民有志、地域の保育園児や小中高生ら。

 このうち「婚活~」は、パーティーに参加した東和の中年女性3人が事件に巻き込まれるストーリー。カッパやてんぐ、ドラキュラ男などが登場する突飛な展開の中に「互いに分かり合うこと」の難しさ、大切さを描く。晴山代表は「今回は3話とも、舞台中央に窓が設置してある。窓からはきれいな空気ばかりではなく、恐ろしい物だって入ってくる。人間同士が理解することは難しいが大切だということを、窓を通した3話で考えてもらえたら」と来場を呼び掛けている。

 同劇団は地域の芝居好きが集まり、2003年に旗揚げされた。定期公演のほか地域イベント参加、福祉施設訪問などにも取り組んでいる。

 公演は17日が午後6時半、18日が午後2時開演。入場無料。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年12月17日付
花巻
2018年12月17日付
花巻
2018年12月17日付
花巻
2018年12月17日付
花巻
2018年12月17日付