県内外

黒工、あす登場 静岡聖光学院と初戦 高校ラグビー

 第98回全国高校ラグビー大会で、30日の2回戦から登場する本県代表の黒沢尻工(4大会連続30度目出場)は、静岡聖光学院(静岡、3大会ぶり5度目出場)と対戦することが決まった。

 静岡聖光学院は6月の東海大会Aブロック3位。FWの平均身長174・7センチ、平均体重85・5キロとサイズは決して大きくはないが、多彩な攻撃パターンやキック戦術を得意とする。

 28日の1回戦では高鍋(宮崎)に22-16で勝利。前半はトライやペナルティーキックで11点を奪われリードを許したが、後半には密集戦を制し、3トライを挙げて逆転した。

 試合を観戦した黒沢尻工の伊藤卓監督は「ディフェンスのリアクションが速い。FWはボールを軸にして回る特殊なモールで高鍋が対応できていなかった」と相手の印象を語り、「平均体重では黒工が上回っている。FWの接点で圧力をかけていきたい」と初戦突破に向け意気込んだ。

 試合は第1グラウンドで30日午後2時30分キックオフの予定。

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年2月21日付
県内外
2020年2月21日付
県内外
2020年2月21日付
県内外
2020年2月21日付
県内外
2020年2月21日付