北上・西和賀

売り場拡張 商品充実 産直「あぐり夢くちない」 12日にリニューアル【北上】

12日にリニューアルオープンする「あぐり夢くちない」。増築された食堂部分は座席が20席増える

 北上市の直売センター北上協同組合(昆野幸作理事長、組合員438人)は、創業20周年を節目に同市口内町で運営する産地直売施設「あぐり夢(む)くちない」を増改築し、12日にリニューアルオープンする。取扱商品数を増やして買い物客の満足度向上につなげ、地域を一層活気づけたい考えだ。14日までの3日間、リニューアルイベントを開催する。

 売り上げが伸び生産品の陳列スペースが手狭となったことや開業から20年が経過し建物に傷みが生じたことなどを踏まえ増築と改修を行った。

 木造平屋建ての従来店舗(床面積約300平方メートル)の東側と南側に計約140平方メートル分のスペースを増築し、施設の床面積を1・5倍近くに拡張。販売スペースとつながっていたオープンタイプの食堂部分を仕切って拡大。座席数を18席から38席に増やし、店名を「あぐり夢Kitchen」と名付けた。冷暖房も整備した。

 同組合の菅野良和専務理事は「売り場が広くなることでゆっくり買い物していただけると思う。これを機に組合員をさらに増やし品ぞろえを充実させ、お客さまに満足のいく産直を目指したい」とし、「沿岸とつながる主要道路沿いにあるので、今年は釜石で開催されるラグビーのワールドカップで海外客が来店することを期待したい。これから先30年、40年と続け、売り上げもさらに伸ばしたい」と意欲を示す。

 同産直は、地域活性化を目的に1998年12月、国道107号沿いにオープン。組合員は、北上市内のほか花巻市東和町、奥州市江刺、金ケ崎町にエリアを広げ、創業当初に比べほぼ倍増した。

 農林産物や加工品など豊富な品ぞろえや食堂を備えた施設として人気があり、ここ数年の来店客数は年間12万5000人程度、売り上げは約1億3000万円に上る。

 リニューアルイベントでは、ラーメンの格安提供や蒸しカキの販売、和装姿の新成人へのプレゼント、地元リンゴの蔵出し品放出など多彩な企画を予定している。

 冬季営業時間は午前9時~午後5時30分。問い合わせは同産直=0197(69)2200=へ。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年8月18日付
北上・西和賀
2019年8月18日付
北上・西和賀
2019年8月18日付
北上・西和賀
2019年8月18日付
北上・西和賀
2019年8月18日付