花巻

一味違う冬休み満喫 東和こども大学開講 児童がおもちゃ製作など【花巻】

開講した「東和こども大学」でおもちゃ作りに挑戦する子供たち

 花巻市東和町の生涯学習事業「東和こども大学」は8日、同町土沢の東和総合支所で開講した。小学生ら男女12人が受講し、動くおもちゃ作りとマグカップの模様付けを体験。冬休みの楽しいひとときを過ごした。

 地元の児童に生涯学習の機会を提供しようと初めて企画された事業で、同日と15日に開講予定。初回は谷内伝承工房館(同市東和町)工芸部長の神山勝雄さんによる「動くおもちゃを作ろう」と、ポーセラーツサロンit(同市大迫町)を主宰する伊藤里奈さんの「ポーセラーツ体験」の2講座が設けられた。

 このうち、おもちゃ作りは7人が体験。曲げた竹ひごが真っすぐに戻ろうとする力を利用して走行させる「サソリカー」と、重りを付けたクリップを下り斜面で移動させる「二足歩行坂道ロボット」の製作を楽しんだ。ポーセラーツ体験では、無地のマグカップに好きな模様を張り付け、それぞれ自分好みに仕上げた。

 子供たちは慣れない作業にやや戸惑いながらも、学校とは一味違う「大学」の講義に興味津々。絶妙のバランスで動くおもちゃやアイデアいっぱいのマグカップが出来上がると、会場に笑顔や喜びの声が広がっていた。

 東和在住の祖父母と一緒に受講した紫波町の中村優志君(6)は「ひもの付け方などがすごく難しかったけど(サソリカー、坂道ロボット)どちらも初めて作ったので面白かった」と、和やかな表情。難しいところはサポートを受けるなど、おじいちゃん、おばあちゃんとの触れ合いも楽しめた様子だった。

 15日の第2回講座は東和総合福祉センターに場所を移し、ヒップホップダンスに挑戦する。

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年3月21日付
花巻
2019年3月21日付
花巻
2019年3月21日付
花巻
2019年3月21日付
花巻
2019年3月21日付