北上・西和賀

転ばぬ先の“トレーニング” 軽運動で足腰、柔軟性向上【北上】

体力測定で筋力や柔軟性を確認する参加者

 北上市が主催する高齢者筋力向上トレーニング事業「転ばぬ先の軽スポーツ教室」は11日、同市新穀町のコナミスポーツクラブ北上で始まった。参加者が気軽にできる軽運動に取り組みながら足腰の強化や柔軟性の向上を目指す。

 筋力トレーニングやストレッチを通じ、寝たきりの原因となる転倒を未然に防ぐのが狙い。3月まで全10回の日程で市内の60歳以上の男女56人が参加している。

 トレーニング前後の変化を見るため、初回と最終回は体力測定を実施。同日は同クラブのインストラクター澤部隼斗さんと牧健人さんを講師に迎え、大股2歩で何センチ進めるかを見る2ステップテスト、立ち上がりテストで、個々の筋力や体の柔軟性を確かめた。

 立ち上がりテストでは参加者が腕を胸にクロスさせた状態で両足、片足で立ち上がることができるかをチェック。片足立ちは反動をつけていけないため、自力で立ち上がるのに苦労した様子だった。

 岡島幸子さん(68)=同市北鬼柳=は「片足で立つのは難しく、1回やるのがやっとだった。自分の筋力はもう少しあると思っていたので、トレーニングを重ねてもっと動けるようになりたい」と張り切っていた。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年6月17日付
北上・西和賀
2019年6月17日付
北上・西和賀
2019年6月17日付
北上・西和賀
2019年6月17日付
北上・西和賀
2019年6月17日付