花巻

花巻市成人式 大人の自覚新た

式典後に行われた記念撮影に臨む新成人。友人との久しぶりの再会を喜び合った

 花巻市の2018年度成人式は12日、同市若葉町の市文化会館で行われた。男性409人、女性426人の合わせて835人が出席。華やかな振り袖や真新しいスーツに身を包んだ若者たちが、旧友との再会を喜ぶとともに式典や記念行事を通じて大人としての自覚を新たにした。

 市主催の式典では国歌斉唱、新成人代表4人による市民憲章の朗読に続き、上田東一市長が花巻で過ごした高村光太郎の詩「道程」を引用しながら「皆さんは小学校の卒業を目前に控えた時に東日本大震災を経験し、主体的な行動と自分で考えることの大切さを学んできたと思う。新しい時代を築いていく皆さんには柔軟なアイデアと大胆な行動力を持ち、光太郎のような道を進んでいくことを期待している」と式辞。小原雅道市議会議長が祝辞を寄せた。

 新成人2人の決意表明では、記念行事実行委員会委員長の佐々木小梅さん(大迫中学校出身)が専門学校卒業後に看護師になる目標を述べながら「これまで学んだ知識を生かし患者に寄り添いながら信頼される看護師になりたい。両親や成長を温かく見守ってきた地域の方々、友人に感謝の気持ちを忘れずに人生を歩みたい」、副委員長の町中大悟さん(西南中出身)は「大学卒業後にメディアの記者として働き、岩手の良さを伝えられる記者になりたい。大人の自覚を持ち社会に貢献できる人になりたい」と力強く語った。

 式後は実行委が企画した記念行事、出身中学校ごとの記念撮影が行われた。

平成最後に最高のありがとう 大切な人へ感謝
▲新成人代表が大切な人に感謝の気持ちを伝えた記念行事

 花巻市成人式では、式典に続き「平成最後に最高の“ありがとう”」をテーマにした記念行事が行われた。新成人が20年間を振り返って大切な人への感謝の気持ちを読み上げ、将来の目標に向かって飛躍を誓った。

 主催は新成人14人と2019年度の対象者12人でつくる実行委。記念行事は4本立てで、実行委メンバーが花巻のお薦めスポットを紹介する動画上映、新成人13人が感謝の気持ちの読み上げ、花巻にちなんだ景品が当たる抽選会、中学校時代の恩師のメッセージ動画が披露された。

 このうち、感謝の気持ちでは、大原航さん(石鳥谷中出身)が「今の自分があるのは一緒に居た仲間のおかげ。おじいちゃんになってもばか騒ぎできる仲間でいよう」、佐藤真衣さん(矢沢中出身)は「ソフトボールをする環境を作ってくれたお父さんに感謝。私の自慢のお父さんでいてください」と恥ずかしそうな表情で発表。伊藤直樹さん(南城中出身)は小中高校の友人に感謝の気持ちを込め、花巻北高校時代の応援を披露して友人たちにエールを送った。

 実行委の佐々木小梅委員長は「皆さんが平成最後に最高のありがとうを伝えられることを願っています」と話していた。

momottoメモ

 県南地方の5市町で12、13の両日、成人式が行われた。新成人は大人としての自覚と責任を胸に決意を新たに式に臨み、久々に会った友人たちと旧交を温めた。笑顔があふれた成人式での一こまを紹介するとともに、新成人に大人の仲間入りを果たした心境と将来への志を聞いた。


 花巻市の2018年度成人式は12日、同市若葉町の市文化会館で行われた。男性409人、女性426人の合わせて835人が出席。華やかな振り袖や真新しいスーツに身を包んだ若者たちが、旧友との再会を喜ぶとともに式典や記念行事を通じて大人としての自覚を新たにした。

◆平成最後に最高のありがとう 大切な人へ感謝

 奥州市と北上市、金ケ崎町の2018年度成人式は13日、各市町で行われた。新成人は華やかな振り袖やはかま、スーツ姿などで出席。家族や恩師、これまでに関わった人々への感謝の気持ちを胸に、決意を新たに大人としての第一歩を踏み出した。

◆震災の教訓 後世へ 北上
◆家族への感謝胸に 奥州
◆責任ある行動を 金ケ崎

 一関市の成人式(市、市教委、市成人式実行委主催)は13日、同市狐禅寺の市総合体育館で行われた。初々しいスーツ姿や色鮮やかな着物に身を包んだ新成人が友人との再会を喜びながら、大人としての自覚を持ち、新たな時代へと一歩を踏み出した。

◆恩師のメッセージに笑顔 ビデオ上映、クイズ企画も

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年6月17日付
花巻
2019年6月17日付
花巻
2019年6月17日付
花巻
2019年6月17日付
花巻
2019年6月17日付