一関・平泉

あおば場所 はっけよい 保育園児が相撲【一関】

一関あおば保育園の相撲大会で、元気よくぶつかり合う園児

 一関市山目の一関あおば保育園(佐藤幸子園長、園児143人)は4日、相撲大会を開き、園児が元気いっぱいの取組を繰り広げた。

 寒さに負けない体づくりを目的に毎年1月に開催している恒例行事。今年はインフルエンザ流行の影響で2月まで延びた。

 大会には3~5歳児64人が出場し、紅白に分かれて熱戦を展開。緊張した面持ちだった園児も、土俵に上がるとにらみ合ったり力強くしこを踏んだりした。

 行司に扮(ふん)した佐藤園長の「はっけよい」の掛け声とともにぶつかり、体を押し合った。土俵を囲む園児からは声援が飛んでいた。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年4月21日付
一関・平泉
2019年4月21日付
一関・平泉
2019年4月21日付
一関・平泉
2019年4月21日付
一関・平泉
2019年4月21日付